長期出張・単身赴任で必ず押さえたいポイント その1

ほんの数日の出張だと、もしホテル選びに失敗しても、多くのケースは「今回は失敗しちゃったな」で済むかも知れません。でも、これが長期出張とか短めの単身赴任となると、なかなかそうはいきません。

私たちのグループ会社には、収益不動産の販売会社【ホルス・アドヴァイザーズ】があり、北は札幌から南は沖縄まで、全国津々浦々を巡って物件を探しているので、その営業チームはみんな出張のプロなんです。 私自身も、新規事業の立ち上げのために、沖縄北部に半年 ⇒ 札幌の3か月の長期出張を経験しました。なので、営業スタッフがそれぞれ宿泊先選びに「これだけは譲れない!」ってポイントがあるようです。

皆様もそれぞれ色々あるとは思いますので、私の一番のこだわりポイントは【寝心地の良い寝具】

若い頃は体力も回復力もあるのでさほど気にならなかったのですが、アラフォーになると、油断すると前日の疲れが残ってしまうようなことも。

なんとなく寝具が合わず、疲れているのに眠りが浅くなって、夜中に目が覚めてしまったり、寝起きなのに肩・首が凝ってたり。

でも、ベッドを変えるなんて、宿泊先を変えることになるので、それでなくても週末をはさむ長期予約は宿の変更がしづらくて。。。疲れは残り、仕事の精度が落ちるばかり。

旅行でも一緒ですよね。北海道で一日スキーを楽しんで、快適なベッドで疲れ切った体をしっかり休めなきゃ、次の日に観光なんてできないですもんね。

だから、ホクト・メンバーズは【寝心地の良さ】にこだわって、色々な寝具の組み合わせを試してみました。

DSC_2341

ボンネルコイルマットレスはリーズナブルだけど、ちょっと硬くて体にフィットしないし。

王道と言えばとはいえ、シモンズ?キングスダウン?
でも、すごく快適なマットレスは相応に価格も高く、それを宿泊代に反映してしまうと、「リーズナブルな宿泊代」という快適さが失われてしまう。う~~~ん。

試行錯誤を繰り返して、寝心地の良い組み合わせ、見つけました。ちょっと硬めですが、私自身が軽い腰痛持ちでしたけど、2週間試して、問題なく、快適な目覚めだったので、きっと、間違いなく、大丈夫のはずです。

そして、枕元にはコンセント

家族と離れた単身赴任。さびしくて、退屈だからついついスマホに手が伸びて、夜更かししてしまう事もあるので、枕元での充電は何かと便利。
もちろん、ホクト・メンバーズは全室 無料Wi-Fi完備!

 

『でも、マンスリーマンションでしょ?1か月もいられないし、気軽に試せないよ。』

安心してください。

サイトリニューアルに伴いまして、期間限定の特別なキャンペーンをご用意しました。

『ホントに快適なの?マンスリーマンションをちょっとお試し!』キャンペーン

期間:2016年5月31日まで

この期間限定キャンペーンに限り、最低宿泊日数が3泊からご宿泊のご予約が可能です。

宿泊日数・物件のご指定など、出来る限りお客様のご希望に沿うよう努力いたしますので、この機会に、是非お気軽にお問合せください。

[contact-form-7 404 "Not Found"]

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です